あなたはやってない?絶対やってはいけない3大節約とは

家計
きなこ
きなこ

こんにちは!きなこです
お越しいただきありがとうございます!

節約生活と聞くと苦しそうな、ひもじそうなイメージが浮かんだりしませんか?

節約のために今日のお昼はおにぎり一個…

甘いもの食べたいけど、節約のために我慢我慢…!

こんな感じの節約をして、
続かなかった・挫折してしまったという
ご経験はありますか?

節約は続かなければ意味がありません
だからこそ辛い節約や過度な節約は
かえって逆効果
なのです

ということで、やってはいけない節約3つをまとめました!

やってはいけない節約とは?

ずばり挙げると

過度な食費の節約
過度な光熱費の節約
奥さん(またはご主人)のお小遣いゼロ

です

これらは
体調に害を及ぼす
精神的に害を及ぼす

からです

ひとつずつ説明します!

過度な食費の節約


節約、というと真っ先に浮かぶのは食費ですよね
手っ取り早いからです
朝食を抜いたり、お昼はおにぎりだけにしたり
少しの我慢で簡単に一日数百円ういてしまいます

でもちょっと待った!

ちょっと待つにゃん

食費の過度な節制はよくありません
体を作るものは食べ物です
きちんと食べなければ
健康でなくなってしまいます

お金の面から言えば

食事を制限することでイライラ増加反動でドカ食いの可能性
食事が少ない→体調不良を起こしやすい病気になったら医療費がかかる

と、かえって後でお金を使うことになりかねません

毎日の食事はきちんとっか


食費の節約は、

お弁当・水筒を持っていく
夜の外食だったのを昼間にしてみる
外食の回数を月に1回減らしてみる

そんなところから始めましょう

健康は何よりの宝物です

光熱費を過度に節約しようとする

光熱費も家計の割合の大きなところを占めるものです

特に夏場と冬場…
夏は毎年猛暑だし
冬はとにかく寒いし

光熱費は高くなりがち

私も冬場は光熱費の請求が毎月怖いです

しかし、食事と同様
夏場のエアコンを使用しない、とか
冬も部屋を暖めない、とか
過度なことはしてはいけません

夏場も冬場も適度な温度のなかにいることで
健康を保たれるからです

特に夏場のエアコンなしは
近年はもはや命にかかわります

熱中症は気づかぬうちにやってくるからです

熱中症は怖いですね

夏場のエアコン使用の過度な節制→命にかかわる
冬場の暖房費の過度な節制→風邪をひきやすくなり、かえって医療費がかかる

暖房・冷房は適度に使って健康を守ろう!


節約も大事ですが
健康と命を守りましょう

奥さん(またはご主人)のお小遣いなし

私の大好きなサイトである
オールアバウトのマネープランクリニックを読むと
奥様のお小遣いがないご家庭も多いようです

しかし、生きていればどうしたってお金はかかります


髪の毛だって伸ばしっぱなしにはできないし
たまにはお友達とランチしたいし


普段頑張っているからこそ
たまに食べるおやつのありがたさは
何物にも代えられません

おやつは至福…!

ここを我慢しすぎると
ストレスの反動でかえって
散財することに繋がります

きなこ
きなこ

私は結婚前に、節約のために
おやつ等何もかも我慢して
ストレスで泣いて
コンビニで爆買いしました(笑)

しかしその出費をどこから捻出するのかというと
お小遣いのない奥様は
家計から捻出するそうです

しかしそれでは家計があやふやになってしまいます

おやつを買ったり、美容にお金をかけたりということは
決して悪いことではありません

しかし、家計のお金とごちゃ混ぜにしていると
どうしたって出費は膨らむし
自分がどれほど使ったのかが見えにくいのです

ごちゃごちゃで訳わかんない…


そういったお小遣い的なお金は
あらかじめ別枠で予算どって
その範囲内で思いっきり楽しめばよいのです

お小遣いもなく、我慢もしていると
毎日の生活が苦しいものになってしまいます
それではしんどいので
ちゃんと予算どることが大切です

同様の理由で、旦那さんのお小遣いも
減らしすぎは禁物です

しかし、過度な小遣いの額は節約の対象です

お小遣いの節制のしすぎ→ストレスでかえって散財

夫婦ともにお小遣いの適正な額を設定して予算内で楽しもう

よく話し合ってお小遣いの額を決められるといいですね

命と心を守ろう

自分を大切にしない節約は苦しいものです

もちろん、人生においては
何よりも節約をしなければいけないタイミングも
あるときがあると思います

お小遣いなんて今は無理!
というタイミングだってあると思います

工夫をしながら
命と心を大切に、

自分を大切にしながら
苦しくない節約をしていけたらいいですね!

楽しい節約ライフを!

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました