【残すものは何?】断捨離がうまくいかないときは視点を変えてみて【整理収納アドバイザーが教えるシリーズ】

整理整頓
きなこ
きなこ

こんにちは!きなこです

お越しいただきありがとうございます!

断捨離という言葉が流行りだしてしばらく経ちますがこんなお悩みはありませんか?

断捨離したいんだけどなんだかうまくいかない…

断捨離したいのに何か捨てられない…

そもそも何を捨てたらいいんだろう?

そんな方は捨てること以上に残すモノに照準を合わせてみてください

お悩みに対して一つ一つ解説をしながら、残すことに照準を合わせるとはどういうことかを書いていきたいと思います

何を捨てたらいいのかわからない

断捨離したいんだけど何を捨てたらいいんだろう…

断捨離あるあるですね!

そんなときは一年以内に使ったモノを残してください

捨てる方に目を向けるのではなく、残す方に目を向けてみてください

普段使っているものだけで十分生活は回ります。

なぜならあなたは実際にそれだけで生活を回してきたからです。

一年以上使用していないモノは、この先も使われない可能性大。捨てる対象です。

これは高かったんだけど着心地があんまりよくなくて着ていないんだよなぁ…
でも高かったから捨てられない

1年以上着ていない洋服は潔く捨てましょう

高くても着なければただ場所を取っているモノです。メルカリに出してみましょう

凄くお気に入りのワンピース!
もったいなくて着れないの!

もったいなくて着れない、というのはむしろもったいないです

その洋服が生まれたのはあなたにきれいに着飾ってほしいため。

着てあげましょう。

一年以内に使ったモノを残しましょう
使わないことの方ががもったいないと考えましょう

1年以内に使ってはいないけれど捨ててはいけないモノ

大のお気に入りのモノ 冠婚葬祭グッズ 防災用品

これらは1年以上使ってなくても大切なモノ。きちんとした形で保管しましょう

捨てられない

捨てられない人は、本当に必要なモノはどれなのかを厳選してみてください。

そして捨てることは悪いことではないということを知っていただきたいのです

物を大切にするということは、丁寧に使うこと。

大切なモノを大事に管理するためには要らないモノを取り除く必要があります。

私の親戚に捨てられない人がいるのですが、たくさんある大切な本を押し入れの中に山積みにしています。

大切だと言っているモノを眠らせて埃だらけにしているのです。

これは大切にできているのか…?といつも疑問に感じます

でも捨てずに大事にしてるじゃん?

と思われるかもしれませんが、その本の使命は読んでもらうこと

湿気が高い場所に山積みにされて埃まみれになり、読まれもしない状態は本にとって辛いのではないでしょうか

捨てることは、大切なモノを守ること
悪いことではありません

どうやったらうまくいくのか

なんか断捨離がうまくいかない

何から手を付けていいのかよくわからない

そんな方はまず捨てるということに慣れ、次に残ったものを大切に使うことを意識してみてください

まずは一年以内に使ったモノだけを残すこと・捨てることは悪くないこと、この二つを頭に叩き込み、冷蔵庫へ向かってください!

そしてまずは庫内をきれいに片づけてみてください。

なぜかというと冷蔵庫は賞味期限という捨てる基準がはっきりしており、断捨離の練習になるからです。

冷蔵庫をきれいにできたら、量をキープすることを忘れないでください。

ひとつ入れたら一つ以上捨てましょう。

本当に使うモノだけの冷蔵庫はとても使いやすいはず。

中身が厳選された冷蔵庫をキープするよう心掛け、残したものを大事に使う(使い切る)ことを意識付けましょう

冷蔵庫は片づけてみたし、ほかの場所の断捨離も進めてみたけど…しばらくするとモノが溢れてる…

もし断捨離後にまたモノが溢れてしまうことを繰り返しているとしたら、断捨離後にモノが入ってきているということです。

捨てたけどまた買っちゃった状態です

断捨離後は、ひとつ入れたら一つ以上捨てる

これでリバウンドを防げます。

厳選されたものばかりで、使いやすい環境をキープできます

捨てる感覚・大事に使う感覚を研ぎ澄ますために冷蔵庫へGO!

うまくいかないを繰り返してみて

自分にとって大切なものはなんだろう

それをどうやって大切に使ってしまえばいいんだろう

それを考えたら自ずと断捨離は進むのではないでしょうか

きっと始めはうまくいかないと思います。

なんか最近またモノ増えてきた…と思ったらまたモノたちを見つめ直してみてください。

きっとその時その時で必要なモノは違うから、その都度取捨選択したらいいのです。

大切なものにだけ囲まれたら快適すぎる生活が待っているかも!

きなこ
きなこ

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました