きなこ家がゆるく1000万円貯められた3つの理由

f:id:outitokakei:20200130135102j:plain

こんにちは!

きなこです

我が家の月収は世間で言われているような

高額なものではありませんが

コツコツと貯金をしてきた結果

昨年貯蓄の総額が1000万円を突破しました!

f:id:outitokakei:20191004215535p:plain

ここには子ども用に貯めていたお金も

児童手当を貯めていたお金も含みます

投資信託も購入し、その額も含んでいますが

始めたばかりなので大きく伸びているわけではありません

(むしろもう少し伸びてほしい…汗)

1000万円に到達できた理由を

私なりに考えてみた結果

 

①先取り貯金をしていた

②生活水準を上げないように努めた

③夫婦で家計について話し合った

この3つが大きかったのではないかと思います

一つずつ解説したいと思います!

目次

①先取り貯金をしていた

社会人になってから私は

”貯金しなきゃなぁ”とゆるく考えました

勤め先に社内預金制度があったので、

”このくらいなら生活に困らないかな?”という金額を

本当に適当に設定し、

毎月給与天引きで貯金をしていました

するとほっといても

みるみる貯まっていくのです

ずぼらな私がしたことと言えば

預金額を一度設定しただけ

毎月貯まっていく預金額を見るのは楽しく、

嬉しいものでした

f:id:outitokakei:20191004215559p:plain

この経験から、

”初めから貯金分はないものとして生活すればよい”

ことがわかりました

実際、家計の勉強を始めたら

先取り貯金は貯金の王道ということがわかりました

どれだけ面倒臭がりな人でも

ほんの一度の手間で

自動的に貯蓄が増えてく仕組みができます

結婚してからも子どものための貯金と

将来のための貯金を行っています

私の社内預金も引き続き行っています

子ども用貯金は定期に、

将来のための貯金は積立NISAを利用。

どちらもお給料が振り込まれたら

翌営業日に自動的に

引き去りをしてもらうよう設定しています

これで手間をかけることなく自動的にお金が貯まっていきました

定期積立預金や、

会社で行われる財形貯蓄、社内貯蓄、

積立NISAがオススメです

②生活水準を上げないように努めた

私は家計簿を眺めるのが好きです

どこをどうやったら削れるかなぁ…?とか

ここを削りたいなぁ~とか

思いながらエクセルの表を眺めています(変態)

f:id:outitokakei:20191004215633p:plain

そして実際に固定費を削ることができたら

削った金額を貯蓄へ回しています

先日ですが、保育園へ通っている長男が

2歳児クラスから3歳児クラスへあがり、

市の規定により保育料が下がりました

2019年10月からは政府の政策により保育料が無料になりました

(なんてありがたい…(´;ω;`))

保育料が下がった分は貯蓄します

これで、生活を変えることなく簡単に

貯金額を上げることができました!

この下がった分の保育料で

先取り貯蓄の増額をしなければ

ずぼらな私はきっと貯めることはできないと思います

いつの間にかなくなってしまう可能性大…

なんかたまにはいいお肉とか買っちゃえってなりそう…

それでいつの間にかなくなってる…

目に見えます

固定費を下げることができた

タイミングに合わせて

先取り貯金の増額をおススメします!!

③夫婦で家計について話し合った

私たち夫婦はお金の話をよくします

特に大切だと思ったのは

お金の目標について

子どものお金はいくら貯めたい

今年は〇〇万円貯めたい!

将来は一億円貯めたい!という目標も

具体的に話しました

そして私が家計簿を月に一度まとめた後は

必ず夫へ報告をします

そして夫からの講評をもらいます(笑)

今月は食費がかかったねぇと言われることも…

合わせて資産の推移も報告します

今月はこれだけ増えたよ\(^^)/と報告すると

「おぉー!すごいねぇ!さすが(^^)」と

褒めてくれるので

私のやる気アップにも繋がっています

私も夫も浪費家ではないので

貯蓄体質になりやすかったこともありますが

目標を共有することで

夫もよりお金に関心を持ったと思います

そしてとても協力的になってくれました

お小遣い減額にも応じてくれたし

節水シャワー買おうと提案してくれたり(笑)

夫の協力がなければ

我が家の貯蓄は成り立ちませんでした

夫婦で同じ方向を向いていることは

とても大切なことだと思います

しかし、オールアバウトのマネープランクリニックを見ると

配偶者が非協力的だという相談も多いです

そういうご家庭の奥さま(旦那さま)は

本当に悩まれています

その度FPの先生は

「ご夫婦で同じ方向を向くためにも、

親や知人などの第三者を交えて

話し合いをして下さい」

とアドバイスされています

それでうまくいくとも限りません

それでもそのくらい二人で同じ方向を向くことは大切なのです

まとめ:あまり頑張らない仕組みを家族で作ろう

①先取り貯金

②生活水準を上げない

③夫婦で家計について話し合う

以上3つが我が家で1000万円貯められた

秘訣だったと思います!

あまり厳しく激しく節約しても

辛くなって続かないものです

ストレスの反動で

かえって散財することもあります

(何度反動で散財したことか…)

家族で同じ方向を向き、

一丸となって節約を楽しめたら

そんなに素敵なことはないですね!

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました