1000万円貯められた!きなこ家ビフォーアフターの変化3つ

家計

こんにちは!

貯金大好ききなこです

 

我が家は昨年

貯蓄額が1000万円を突破いたしました!

やったぁ~

貯められた前と後とは

やはり少し気持ちが違います

そんな感情などの変化をまとめてみました!

 

お金に関する不安が減った

 

老後2000万円問題が取りざたされてしばらく経ちますね

しかしそもそも、そのもっと前から

年金だけで老後生活できるのか?

という不安はあったと思います

 

私は昔、年金の制度なんて破綻するんじゃないか

と思っていました

(勉強した後は年金の制度は破綻しなさそうだけど

年額は減っていくだろうという考えになりました)

 

若い人たちで、就職して早々に

年金保険に加入する人も多いです

 

しかしきちんと勉強をし

将来に向けて貯めて

運用することがいかに大事かを学び

実際に貯めていき

大台に乗ったら

やはり将来に対する不安が軽減しました

このままちゃんと貯められたら

将来もそこまで不安がることはないと思えるのです

 

日本ではお金に関することを学校では教えてくれません

自ら学んで行動しなければいけないのです

  

変なところでケチらなくなった

私は元来ケチです

貧乏性で、お金を使うことに抵抗があります

(それじゃダメなんだけど…)

壊れかけた炊飯器をずるずると使っていたり

度々止まるストーブをそのまま使っていたり

画面が割れたスマホを何か月も使っていた時期もありました

でも貯金に余裕ができたら

”炊飯器は毎日使うものだからちゃんと買おう”

”ストーブを買わずに寒くて風邪をひいたらもっといけない”

と、当たり前のことを思えるようになりました

 

そしてちゃんと買いました

 

新しい家電ていいですね…

止まらないストーブいいわ…

罪悪感を感じずに必要なものを

必要な時に買うことができるようになりました

自信がついた

私は決して裕福な家庭では育っていません

小さいころ、いろいろなゲームやおもちゃを持っていたり

きれいなおうちに住んでいる友達をみて

ちょっぴりうらやましかったのを覚えています

 

そんな自分だってちゃんと貯金ができた

1000万円という大台にのせることができた

このことは

私だってやればできるんだと

本当に自信につながりました

そしてもっと貯めていこう

お金を育てていこう

勉強していこう

発信していこう

気持ちを上向きにさせてくれたのです

お金の面で自分に自信が持てる日が来るなんて

昔を思い返せば信じられません

誰だってやればできる

真っ向から向き合うかどうかです

 

マネープランクリニックの神

深野先生も

”貯蓄は収入が高くないと

できないというものではない

”収入が低くても

貯めている人は貯めている”

とおっしゃっています

手探りで試行錯誤しながらでも

とにかく行動してみることは大切です

 

ゆくゆくは何かの糧になるし自信につながるんだと思います

お金はただのツールだけど、特別なツール

先行き不透明な日本において

貯蓄は絶対的に大切ですが

貯金ばかりで今をないがしろにするのは本末転倒です

ホリエモンさんが、

お金はただのツールとおっしゃっていました

その通りだと思います

しかし私は特別なツールだと思います

お金があることで

選択肢は確実に広がります

確実に安心感は増えます

すると心に余裕が生まれます

これって日々の生活でもとても大切なことだと思うんです

 

メリハリをつけて

無理のない貯蓄ライフを!

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました