医療費控除って何?超初心者向け解説と確定申告のやり方をご紹介!

家計

こんにちは!
きなこです

 

 

我が家は昨年娘が産まれました

当然医療費が普段の年よりかかっています
そこで医療費控除を確定申告にて申告することに!

 

今回、確定申告したので
医療費控除とはというところから
やり方も解説したいと思います

 

 

医療費控除とは

そもそも医療費控除って何?

 

私たちは収入を得て生活をしています
収入=所得を得たら所得税を払わなければいけませんが、
その所得税は所得の金額によって課せられる税率が違います

 

医療費控除とは、医療費がかかった分を
所得の金額から引いて、
少ない所得として

税金を再計算するための仕組みです

総所得金額が200万円以上の方

→支払った医療費から10万円を引いた金額を超えた金額

総所得金額が200万円未満の方

→支払った医療費から所得金額の5%を超えた金額

ちなみに、もし保険などから給付金を受け取っていたら支払った医療費から差し引きます
最大200万円まで控除できるということです

 

また、セルフメディケーション税制とは一緒に申告できません
セルフメディケーション税制とは…こちら

ざっくり言うと
医療費がめっちゃかかったら、税金少し戻せるかもしれないよ
ということです

 

 

確定申告の準備

まずは準備をしましょう

用意するものはこちら

本人確認資料のコピー(後ほど詳しく)
医療費の領収証(医療費のお知らせでも可)
源泉徴収票(今回は給与所得者のやり方を解説します)
申告する人の銀行口座

 

 

まずは医療費の領収書をまとめましょう

医療費控除は生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費を合算して
代表者が申告をすることができます

つまり、家族の領収証をすべて取っておいて
お父さんもしくはお母さんが確定申告をしたらよいのです
一般的に収入の高いほうが申告すると還付される額が大きくなるそうです


家族の医療費領収証1年分(1月1日~12月31日)を集めたら
まずは人別に分けて
その次に医療機関ごとに分けます

それぞれ計算しましょう

上記のように分けると、
お父さんの○○医院→△△円
お父さんの××医院→□□円
お母さんの◎◎医院→▲▲円

という山ができます

そしてそれぞれの山を合算して、合計額を出しておきましょう

  

確定申告のやり方

確定申告書作成方法

  

次にすることは確定申告です

医療費がかかったよ~ということを
国に知ってもらい、税金を戻してもらうために行います

  

私は今回インターネットで国税庁のHPに入って
紙を作成したので、その手順を追って載せていきたいと思います

  

作成開始を押します

今回は紙で提出しますので、こちらをクリック


所得税を還付してもらうので、こちらを選択

私は給与のみを選択しました
人によって選ぶ画面が違うかもしれませんが
以降は給与のみの場合の画面で進みます
(年金のみ・給与と年金の両方の方ごめんなさい…)


医療費控除をチェックして進む

源泉徴収票に沿って入力する

いよいよ医療費を入力です

今回はこちらを選択

今回はこちらでやりました

医療費の入力を
人物別かつ病院(や、薬局等医療機関)別に入力
(先ほど分けた山ごとに入力します)

全て入力を終えますと、医療費控除として、
所得から引いてくれる額が算出されます

全体でこれだけ控除しますよ~という画面です

還付額を確認して、

項目に沿って入力したら

次のページで住所・送金してもらう口座等を入力します
住所入力後、

こちらの画面の帳票表示・印刷ボタンを押すとPDFファイルで
金額が載った確定申告書が出てきます
保存して、印刷します

 

本人確認資料の添付

 

本人確認資料は、

マイナンバーの写しのみ
通知カード+運転免許証や公的医療保険の被保険者証などの写し

どちらかを用意します

意外と簡単

確定申告書のほかには
添付するものは本人確認資料だけですので、
印刷された控えとともに
領収証・源泉徴収票は取っておきます

5年間は保存しておかなければいけないそうです

 

意外と簡単に申告できるので、
ぜひご参考になさってください!

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました