わかっているけど面倒でやりたくない!片付けできないたった一つの理由と対処法

整理整頓

こんにちは!

きなこです

 

突然ですが片付けって大変ですよね

面倒ですよね

でもやらなきゃいけないってわかっているから余計に嫌になる

超負のループ

いやぁぁぁ

何が言いたいのかというと私が思うに片付けできない理由ってたった一つだと思うんです

それはただモノが多い

 

どういうことか解説しようと思います!

 

モノが多い状態とは

 

そもそもモノが多い状態とはどのような状態でしょうか

人それぞれだと思いますが例えば

収納からモノが溢れているしまえる

 

場所がないものが山積している

 

タンスの中など、収納の中がぎゅうぎゅう

 

このような状態ではないでしょうか?

思い当たるところはありますか?

我が家はあります(あるのかよ…)

リビングの収納に入りきらない本や書類

おもちゃ箱に入りきらないおもちゃたち

見るとげんなりしてしまいます

なぜモノが多いのか

それは捨てることを人はあまり意識しないからです

モノを買うことには抵抗がないのに

人はモノを捨てることには抵抗があります

所有を手放すのが惜しい気持ちや、これを捨てたら不便かな?と迷う気持ちなど様々な要因が絡まって捨てづらいのです

普通に生活していれば、日々買い物へ行ったりするのでモノはたくさん入ってきます

子どもがいれば、作った作品なども持ち帰ってきますよね

最悪捨てなくても生活は回るため、捨てるというのは意識的に行動しないと起こりえないアクションなのです

モノが多いと片付けが面倒になる理由とは?

 

片付けが面倒になる理由は、たくさん片づけないといけないからです

 

ん??それはそうだろうけど…って感じですよね

たくさん片づけるというのは、アクション数、つまり行動する数が多いんです

おもちゃでいえばブロックをしまって、人形をしまって、ミニカーを片づけて…といった具合にたくさん行動しなければいけません

非常に面倒

また、掃除もとても大変になります

床に何もなければ掃除機をかけるだけですが、床に色々モノがあると動かさなきゃいけないですからね

どかす、掃除機かける、戻す、とやることが3倍になります

そして、収納が片づけにくいものだと余計に面倒になります

床に何もないと掃除機かけるの楽ですよね

片づけにくい収納とは

片づけにくい収納の例は

ぎゅうぎゅうにつまったタンスの引き出し

 

押し入れ奥にしまってしまったものたち

 

手が届きにくいところにある(または腰をかがめないといけない)

 

こういったところに片づけないといけないと面倒になっていきます

面倒だと、余計に片づけの気合が起きないので散らかっていくのです

 

じゃあどうしたらいいの?

片づけたいけど面倒な箇所をひとつあげてください

その際はなるべく短時間でできるような小さな範囲・収納を選びましょう

さぁ、そこに入っている(または入りきらないモノたち)を全部出し!!

そうです!全部出すんです~!

おりゃぁ~!

 

全部出すことで、

こんなにモノがあったんだ…

と思えたらこっちのものです!

 

その全てのモノたちを一つずつ手に取ってください

必要なのか、必要でないのか、使っているのかいないのか、自分に問うて~

不必要なものは捨てる!

 

捨てる!捨てる!

 

そうして残ったものはまた元の場所に戻しましょう

すると少しだけ余裕のある収納になったと思います

 

余裕のある収納というのは、片付けがしやすいもの

片付けしやすくなると、日々の片づけは進むと思います

 

まずはたったこれだけ!これが片付けの第一歩です

小さなところの収納が片付いたら、次の片付けする場所を探してみて同じように片づけてみてください

片付けしやすくするための片付けをしよう

 

いかがでしたでしょうか

毎日片付けするためにまずは思い切った片づけをするという

なんだかややこしいことを書きましたが

思い切った片づけをするのは大変です

しかしその先の毎日が変わると思います

 

スッキリした空間で毎日心地よく

子どもが散らかしても片付けしやすければ一緒にさっと片づけられる

(ただし機嫌の問題もある 笑)

片づけなきゃいけないモノの山を見てげんなりすることもない

 

思い切った片づけをするには少々気合がいります

一人ではできない、と思われる方は整理収納アドバイザーへ依頼してみてもいいと思います

お金かかるし人を呼ぶまではちょっと…と思ったら

まずは一つだけ手に取ってみましょう

それは必要なモノですか?不必要なものですか?

使えるか、使えないかではなく、使っているか?使っていないかで判断しましょう

そして少しだけ思い切って捨ててみましょう

それを毎日繰り返すことが大切です

これは本当に自分に必要なのか?なくても困らないのではないか?

と自分に問い続けるのです

 

それを繰り返すことでお片づけに関する感覚が鋭くなっていくと思います

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました